search instagram arrow-down

WorldIn Facebook page

Follow WorldIn on WordPress.com

Twitter Takash Miki

Facebook Takashi Miki

本当の自分を発見するワンネスアウェイクニングコース

我想う故に我あり、という私、考えている私が、自分だと思っていませんか。
しかし、もし、その考えている私よりももっと大きな私が存在し、その私こそが本当の私だとしたら、どうでしょうか。

そして、その本当の私として生きることは、考えている私が自分だと思って生きることとどのように違うのでしょうか。

ワンネスアウェイクニングコースは、自分が、考えている私よりももっと大きな存在であることを体験するようにデザインされています。

自分の本性が、喜び、愛、静けさ、そんな質を持っていることを体験として知っていくためのコースです。

以下案内です。
 
Team Taoワンネスアウェイクニングコース
&ムクティディクシャのご案内

*—-*—-*—-*—-*—-*—-*—-*—-*—-*—-*—-*—-*

ワンネスアウエイクニングコースは<目覚め>のためのプログラムです。
ディクシャの聖なるエネルギーがあなたの意識の向上、解放、統合、 目覚めを促します。
このコースを受講後には、ディクシャギバーとして、
あなた自身がディクシャを与えられるようになります。
またOneness University主催のトレーナーコースに参加する資格も与えられます。

今回はコース二日目の午前中に『アートオブリスニング『』を開催します。
アートオブリスニングとは、人の話を聞いている時にあなたに何が起きているのかを聞くことです。
たとえば、誰かが「お金がないんだ」と言います。するとあなたの内側で何かが起こり始めます。
相手の話に耳を傾け、相手から注意をそらさずに、あなたはそれを聞きます。
外側の出来事に触発されて自分の内側で展開するストーリーを聞くことが自分を知ることです。
『苦しみ』とは自分の内側で展開するストーリーに耳を傾けないことです。
他人と関わる時に起きる自分のストーリーに耳を傾ける時、美しい人間関係を築くことが出来ます。

またコース二日目午後に開催されるムクティディクシャは
意識の向上、解放、統合の目覚めを飛躍的に促進するプログラムです。
(ムクティディクシャにはギバーのみの参加となります。)

■ トレーナー  三木タオ / のりぴー

■ 日 時
9月4日(土) 10時~17時 (受付 9:45~)
9月5日(日) 10時~17時 (受付 9:45~)
※ ムクティディクシャのみの参加 9/5 13時~17時 (受付 12:45~)

■ 会 場
下高井戸区民集会所 2F和室
杉並区下高井戸3-26-1
京王線 桜上水駅 徒歩7分

■ コース参加費
新規・養成ギバーコース受講者 20000円
<再受講>
一日間 6000円 / 二日間 12000円
ムクティディクシャのみ参加 3000円

■ 持ち物
飲み物、軽食(昼食)、筆記用具、ノート
必要な方は、タオル、着替え、ショールなどシャヴァーサナの時の寒さよけ
お持ちの方はご自身のパドカ

■ 服 装  瞑想したり、体を動かしたり出来るリラックスできる楽な服装

■ お問合せ・お申込みは、taoscourse@gmail.com まで。

■ お申込みの際には下記フォームをコピーしてお使い下さい。
<9月のワンネスアウェイクニングコース>
お名前:
メール:
連絡先:(携帯電話番号など)
住所:(例)東京都世田谷区 ※ OUにギバー登録する際に必要です。

≪重要≫
お申込みの際には お名前・メール・連絡先(携帯など)をお知らせ下さい。
※会場を利用できる人数が会場の利用規約、消防法により定められていますので、
お申込みなしに当日の突然の来場はご遠慮くださるようにお願いします。
※ いただいた参加費は必要経費を除いてOUの方に寄付させていただきます。
ご協力に感謝いたします。ありがとうございます。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。