search instagram arrow-down

WorldIn Facebook page

Follow WorldIn on WordPress.com

Twitter Takash Miki

Facebook Takashi Miki

未来の貨幣EPMトークンを創ろう1(公共貨幣フォーラム in 淡路島3)

EPM Token地域経済活性化実験

ここまで書いてきて、やっと今回の公共貨幣フォーラムの本題に辿りついた。
ここまで語ってきたことは、現在のお金の問題とそれに対する解決策としての公共貨幣と電子公共貨幣EPMの話。その導入のためには、多数の国民の理解と賛同によって法律改正を行うという大きな政治課題を達成する必要がある。

このことを伝えていくことは大切だが、もう一つ、今できるところから具体的に進めていこうと山口さんから提案されたのが、EPMトークンによる地域経済活性である。

ブロックチェーン技術を使ったトークンでは、三菱UFJ銀行が進めている電子トークンが有名で先行している。
ブロックチェーンは銀行の巨大なコンピュータシステムを使わずに電子マネーを流通させることができるので、銀行にとっては驚異の技術である。それゆえに、各国の中央銀行を含め、世界中の巨大な銀行がフィンテックに多大な投資をし、ブロックチェーンによる金融革命を自らの中に取り込もうとして躍起になっている。
三菱UFJコインの全貌ははっきりしないが、三菱UFJの銀行預金者が自らの預金を三菱UFJコインに交換して利用するときに、さまざまな便利な決済機能を安価に提供し、自らのコイン流通圏に囲い込むことを狙っているのだろう。

「公共貨幣フォーラム」が発行を考えているEPMトークンでは、EPMトークンと交換した円は「EPM交換所」は使われずに保管される。そこが三菱UFJコインなどの銀行系コインとは決定的に異なる。わかりにくい部分だが、銀行系コインと交換された円は、銀行が「信用創造」して増え、返済されると消えてしまうお金と一緒になってその量が変動する。
EPMトークンは、「信用創造」される円とは切り離されて保管される。EPMトークンは専門用語でいうと実際に存在して消えてなくならないベースマネーM0(=現金通貨+銀行の準備金[法定準備金と超過準備金])と交換されたコインである。
それに対して、三菱UFJコインはマネーストックM1=現金通貨と預金という信用創造されたマネーと実際に存在しているマネーの合計と交換されるコインである。
だからEPMトークンは信用創造と切り離された電子マネー、貸し倒れに無関係な安全な電子マネーである。それに対して三菱UFJコイン等銀行系のコインは信用創造と連動しており、貸し倒れのリスクや取り付け騒ぎで影響を受ける電子マネーである。

この信用創造されたマネーかどうかという点が、EPMトークンと三菱UFJコイン等の銀行系コインの決定的な違いである。
つまり銀行系コインを使うことは「負債貨幣システム」の中での技術的イノベーションに過ぎないが、EPMトークンが広がっていくことによって「負債貨幣システム」から「公共貨幣システム」へのマネーシステムそのもののイノベーションへの道が開かれる。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。