search instagram arrow-down

WorldIn Facebook page

Follow WorldIn on WordPress.com

Twitter Takash Miki

Facebook Takashi Miki

withコロナの日本再生プラン 電子公共貨幣EPMと債務貨幣の2重貨幣制度

アフターコロナを見据えた日本の再生プランです。

以前、政府が国債という借金の形ではなく、直接お金を発行する公共貨幣によって国民に給付金(ベーシックインカム)を配布するというアイデアを記しました。

公共貨幣による緊急ベーシックインカムが、コロナウイルスへの最善の経済政策であり、SDGs達成の道。」

その発展的アイデアとして「電子公共貨幣EPMと債務貨幣の2重貨幣制度」を提案します。

元々は、公共貨幣フォーラムの会員MLの中で渡邉穰二さん、生島高裕さんとの議論の中で生まれたものです。

コロナによって日本経済が直面している喫緊の生きるか死ぬかという生存に関わる経済問題。

世界経済の変化に対応できず過去の成功遺産を食いつぶしながら存続しているような多重下請けによる既得権益の硬直化した産業構造。

アメリカや中国のようなベンチャーに積極的に投資し、破壊的イノベーションを起こすような経済エコシステムの不在。

借金でしかお金を作れない現在の債務貨幣制度の元で膨れ上がり、何かの非常事態が起こらない限り返済不可能な巨額な赤字国債。

巨額な赤字国債ゆえに、社会福祉、社会保障、教育、農業・林業・水産業の第一次産業、研究、技術開発などもっとも大切な社会分野への資金不足。

これらの絡まり合った構造的な経済危機を解決するプランです。欠陥、問題点、疑問点など多々あると思いますが、みなさんにいろいろ揉んでもらえるとありがたいです。

基本のスタンスは、まずやってみる。特に電子公共貨幣EPMの市場への投入は、リアルタイムでその流れをつかめるので、そのデータを元に仮説/実験を繰り返し、修正、改善していく。そういう社会実験のスタンスで行うのが大切だと思っています。


電子公共貨幣EPMと債務貨幣の2重貨幣制度

「電子公共貨幣EPMをコロナ経済対策の国民給付金(時限ベーシックインカム)として発行し、国内の人が生活をしていくためのエッセンシャルな経済活動のために流通させる。債務貨幣は経済成長(債務貨幣を増やす)ために流通させる。EPMと債務貨幣とは交換できないものとして、2重貨幣制度を導入する。現在の国債は、EPMで償還していき、国債は最終的にゼロとする。」

公共貨幣Public Moneyは、立法府であり、国民の信託を直接的に受けている国会の下に置かれた「公共貨幣省」によって発行される返済される必要もなく、利子もつかないお金。電子公共貨幣EPM(Electric Public Money)はその電子版。

債務貨幣は、日銀券、銀行が日銀に預けている日銀当座預金、銀行が信用創造によって貸し出している要求払い預金など、政府が発行している硬貨以外のすべてのお金であり、それらのお金は、だれかに貸してつけることで発行されるために必ず返済しなければならず、また利子がつく。現在の日本のお金の99.7%はこの債務貨幣である。

詳しくは以下を参照のこと。

山口薫『公共貨幣』

一般社団法人公共貨幣フォーラム


目的

電子公共貨幣はベーシックインカムの財源として「公共貨幣省」がデータをベースに発行し、人が生きていくためのエッセンシャルな経済活動に使われます。現状の負債貨幣は、技術革新や新規事業などリスクのある経済活動に使われます。このことによって人の生活、暮らしを守る共生的経済圏とリスクをとって新しい経済活動をする競争的経済圏が分離され、両者がバランスよく共存できるようになります。それが大きな目的です。

1、ベーシックインカムによってだれもが安心して生活できるエッセンシャル経済圏と成長と消滅を繰り返す成長経済圏を、2重貨幣制度によって切り分け、バランスよく共生できるようにする

2、国民全員に個人識別番号を発行し、ベーシックインカムと紐つけ、エッセンシャル経済圏を公共経済圏として可視化する

3、産業構造変化をスムーズに行い、新たな活力ある成長経済圏を生み出す →不要な産業、ブラックな会社は潰れる  →生活のためだけに働いていた多数の労働力が解放され、新たな成長産業へ移行、主体的で幸福な文化、経済社会が生まれる

4、EPM流通データを収集、解析し、データに基づいた産業別給与体系(仕事の社会貢献度に対応する給与体系)や、計量的経済政策、計算経済学を作る

5、日銀ー銀行による債務貨幣エコシステムは、自由化と積極的な投資で、第5次産業革命と持続可能な社会を遂行する革新的成長経済圏へに特化する

課題/疑問

1、EPMは発行されると、債務貨幣のように返済されたら消滅することがなくずっと市場に溜まっていくので、どうやって持続可能な量で流通させるか?  →時間によって減価させる?  →税金として政府が回収する? →どのような税金システムがよいのか? 

2、日本は、エッセンシャル経済圏のための食料、エネルギー、資源などほとんど海外からの輸入に頼っている。資源に輸入の決済には、従来の債務貨幣を使うことになるので、債務貨幣経済圏とEPM経済圏をどのように持続可能な形で接合できるのか? →資源を持っている発展途上国等への無償EPM提供によって海外EPM経済圏を作る? →あるいはEPMで輸入の決済もできる?

3、輸出で得た外貨は債務貨幣と交換するのか、あるいはEPMと交換するのか、あるいはどちらでも選べる? 加工貿易立国日本を、2重貨幣制度でどのように持続可能にできるのか。

4、情報端末を使えない人への対応をどうするのか?  →公共貨幣紙幣も発行する?  →新たな福祉政策としてデジタルアシスタントという職業を、公務員/民間で作る?

5、2重貨幣制度で、国債を全部EPMに交換して問題ないか?

課題、疑問、いろいろありますが、みなさんと一緒に考え、実現可能なプランにしていきたいと思います。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。