search instagram arrow-down

WorldIn Facebook page

Follow WorldIn on WordPress.com

Twitter Takash Miki

Facebook Takashi Miki

250年間の貨幣によって支配された政治経済の過去、現在、未来

貨幣を通しての250年の世界の政治経済の構造と意味がよく理解できます。ソラミツの武宮誠さんたちが進めている分散型世界経済システムSORAプロジェクトがリチャード・ヴェルナー教授を招いて行った講演。

経済学のわかったようでちっともわからない説明(説得、洗脳?)にちっとも納得できていなかった人には、腑に落ちる話の連続だと思います。

経済成長とは、物理学的観点からは実在ではなく、お金という仮想的な尺度によって測られる名目的なものである。

経済成長率と国債利率を等しくすることで、宿主である国民経済に寄生する銀行は、最大限の養分を吸い取ることができる。

大学や世間で教えられている自由完全市場における価格の均衡を前提にした経済学は、あり得ない仮定を前提に演繹された御伽噺であり、実際の経済の実体から目を逸させている。

実際の経済から経験的、帰納的に導き出されるのは、市場は配給的市場であり、買い手、売り手のどちらかが有利に立っている。

お金は、銀行によって無から作られる。これまで資産バブルが起きては弾けることが繰り返されてきたが、なぜそれは繰り返されるのか。

その度に中央銀行の力が増してきた。

いまや無からお金を作る銀行に対して世論は厳しい目を向け始めており、また新たなバーゼル規制によって銀行の経営は困難さを増している。

中央銀行が、民間銀行を不要として自らが中央銀行電子通貨CBDCというお金を直接作る超中央集権システムを作ろうとしている。

世論を味方にするために、中央銀行当局はCBDCによるベーシックインカムという政策を打ち出してくるのではないか。

旧ソ連の失敗と中国の成功を比べれば、中央集権による経済統制は失敗し、分散型の経済投資が成功している。

ドイツ経済が強いのも、EUのなかで一番数が多いコミュニティバンクとそれに支えられている中小企業が強いからである。

お金の超中央集権化に対抗するのは、多くの小さなコミュニティバンクによるコミュニティのためのお金の非中央集権化である。

などなど。

お金とお金を尺度とする経済を巡る250年間の歴史とこれからお金と経済を巡って何が起きようとしているのかがよく理解できます。

ヴェルナーさんは、信用創造自体よりも、信用創造が、超中央集権化されてしまうのか、非中央集権化できるのか、そこをこれからの最大の課題としているところが、特に興味深かったです。

因みに、知っている人も多いと思いますが、リチャード・ヴェルナーさんはベストセラーになった『円の支配者』の著者でもあります。

https://www.amazon.co.jp/dp/4794210574

以下、その日本語機械翻訳と抜き書きを生島さんがしてくれました。

【一般的な貨幣数量説と信用創造に焦点を当てることの重要性、生産的な目的】

ソラミツの武宮誠さんたちが進めている分散型世界経済システムSORAプロジェクトがリチャード・ヴェルナー教授を招いて行った講演のご紹介です。

‘Disaggregated Quantity Theory of Credit’ by Professor Richard Werner

https://youtu.be/KEfdlctvHH4

現在の経済学の問題、近未来の経済学が見えたような内容です。是非お時間ある方は、、動画の資料をhttps://drive.google.com/…/1PYuKiQ1BRN6Qoel1001uWS5V7Qs…

に作りました。

文字起こし、英語版、日本語版があります。

また以下のように、プレゼン資料のGoogle翻訳を作りました。

The General Quantity Theory and the importance of focusing credit creation onproductive purposes一般的な貨幣数量説と信用創造に焦点を当てることの重要性、生産的な目的リチャード・A・ヴェルナー教授、D・フィル(オックスフォード)Leicester Castle Business School DeMontfort University, Leicesterの銀行および金融の教授コペンハーゲン2021年6月22日のプレゼン資料のGoogle翻訳を作りました。

英語版

https://drive.google.com/…/1sLnVEyepAOPueRoJe88…/view…

日本語版

https://drive.google.com/…/1M76Rjloh2TxSogTCkM5…/view…

リチャード・ヴェルナーさんはベストセラーになった『円の支配者』の著者でもあります。

https://www.amazon.co.jp/dp/4794210574

以下抜き書きです。

===Agenda1.経済成長とは何ですか?

2.経済成長には何が必要ですか?

3.このプロセスでよくある問題は何ですか?

4.なぜ主要な意思決定者は物事を変えなかったのですか?

5.これらの同じ意思決定者が今日提案している変更とその理由は何ですか?

6.危機のない持続可能で、安定した、公平な、非インフレの成長を確実にするために、代わりに何をすべきですか?

7.何ができますか?

1.経済成長とは何ですか?

►実際の成長はありません。これは物理学、つまり熱力学の法則からわかります。

►「経済成長」は、商品やサービスに関連する付加価値取引を合計することによって国民経済計算で作成される統計的幻想ですが、天然資源の在庫の枯渇やエントロピーなどのコストは差し引かれません。

►この「経済成長」の概念は、1世紀以上前に大手銀行が政府に貸し出す際に(発行された国債の購入を含めて)どの程度の利子を請求できるかを調べるために作成されました。

►これは、名目10年債利回り(金利)が名目GDP成長に追随し、通常は同様の規模である理由を説明しています。大手銀行がそれ以上の請求を行った場合、「債務の罠」が続きます。・名目GDP成長率と長期金利(10年国債利回り)

►GDPは「付加価値」を測定しようとするため、金融取引はGDPの一部ではありません。ただし、金融取引は、単に所有権を譲渡するだけで、付加価値をもたらさない、相手方間の資産の購入または売却です。zero-sumゲーム。1人は勝つかもしれませんが、もう1人は負けます。

►対照的に、新しい商品やサービスを生み出す活動、新しいテクノロジーの実装や生産性の向上をもたらす起業家精神は、positive sum ゲームです。付加価値があり、誰もが全体としてより良い状態になります。

・新古典派経済学の基礎

►仮定:

1.完全情報;

2.完全市場;

3.完全競争;

4.即時の価格調整;

5.取引コストゼロ;

6.時間の制約なし;

7.合理的なエージェントの利益の最大化;

8.他人の行動に誰も影響を受けない。

・平衡:「事実からの真実」ではなく、不思議の国のアリス

・小見出し

►経済学は、蔓延する不均衡を支配的な国家として認識しなければなりません。

►政府の介入は、一般均衡の世界である不思議の国の理論上のアリスにおいてのみ「ゆがみ」と「非効率的」です。

►事実から真実を追求し、すべての市場が常に配給制であると認識すると、政府の介入によって市場の成果を非常に簡単に改善できることもわかります。

・坚持党的基本路线一百年不动摇・百年も揺るぎなく党の基本線を守る

・不思議な銀行の世界への遠足 

銀行の3つの理論:  

ー金融仲介理論  

ー部分準備理論  

ー銀行の信用創造理論

・経験的テスト

►彼らは、いわゆる「銀行貸付」、つまり信用創造によってこれを行います。

2.経済成長には何が必要ですか?

・分解された信用の量理論(Werner、1992、1997)

非GDP取引:

1.金融/資産取引(CF)、これは資産価格に影響を及ぼし、全体として、大規模な場合は決して持続可能ではありません(銀行危機、所得および富の不平等)。

「実体経済」(GDP取引):

2.消費目的、これは消費者物価のインフレを引き起こします(持続不可能)。

3.生産的な目的(生産性の向上、技術の実装、付加価値の生成)、結果はインフレなしで、より平等な収入と富の分配で持続可能な成長になります:お金は生産的で持続可能な仕事に割り当てられ、投機ではなく収入の流れを生み出します(せいぜいキャピタルゲインを生み出す)。

ルール:銀行の信用創造の割り当ては、経済に何が起こるかを決定します 

-良いか悪いか…

非GDPクレジット=非生産的な信用創造GDPクレジットケース

1:金融信用 (= GDPに寄与せず、GDPの一部ではない取引のクレジット):結果:資産インフレ、バブル、銀行危機ケース

2:消費クレジット結果:成長のないインフレケース

3:投資クレジット(=収入を生み出す新しい商品やサービスの作成または生産性の向上に対するクレジット)

結果:インフレのない成長3.このプロセスでよくある問題は何ですか?

・銀行危機・分解された信用の量理論(Werner、1992、1997)

・銀行危機ルール4.なぜ主要な意思決定者は物事を変えなかったのですか?

・明らかにされた選好と官僚主義の理論►中央銀行には、銀行の信用創造を管理するための多くの手段があります。

►過去50年間で、中央銀行は歴史上かつてないほど強力になりました。►この期間中に、景気循環の振幅と頻度が増加しました。►実際、現在、ブーム/バストのサイクルが繰り返され、その後に銀行危機が続いています。

►これは彼らの「明らかにされた好み」です。

►私は2003年にこれについて警告し、これを「中央銀行のリスク」と呼びました。中央計画者に多くの力を与え、意味のある説明責任を保証していません。

►それどころか、各危機は中央に与えられるより多くの力をもたらしました中央銀行のプランナー

►これにより、規制上のモラルハザードが発生しました。中央の計画担当者は、それぞれに対して報酬を受け取ります。彼らが生み出す危機。

5.これらの同じ意思決定者が今日提案している変更とその理由は何ですか?

・通貨改革

►現在、主要な銀行規制当局である中央銀行は、中央銀行の個人およびビジネスの当座預金口座を一般の人々に提供することにより、規制対象の銀行と直接競争することを提案しています(「中央銀行デジタル通貨」として販売されています)。 “– CBDC)。

►これは、銀行が完全に廃業し、消滅することを意味します。

►次の銀行危機(現在進行中であり、企業の破産と大規模な失業が迫っている一方で、米国の銀行の信用創造が大幅に増加している)は、規制当局の否定的な態度を考えると、それらを終わらせるでしょう

・通貨改革2

►銀行の廃止は経済成長をゼロにまで低下させます。

►これが、中央計画担当者が「脱成長」する必要があるという説明を支持し、環境上の理由から「ゼロ成長」が必要な理由です。

経済成長自体は環境に害を及ぼさないため、これは真実ではありません。–覚えておいてください、それは単なる統計的な幻想です。

►環境に有害なのは、有害な活動、汚染、資源の搾取、生態系と自然への損害です。これらは直接ターゲットにする必要があり、これは達成できます。

►グリーン経済活動は、代わりにブームセクターになる可能性があり、非常に高い経済成長–これを可能にするのに十分なお金が銀行によって生み出された場合。

・通貨改革3

►中央銀行は現金の廃止を広めました。これにより、中央銀行は負の金利(銀行口座からの引き出し)を実施できるようになります。

►広大な大規模失業に対処するために、ベーシックインカムが提案されています。これは中央銀行のデジタル通貨で支払われます。

►中央プランナーの力を絶対的なものにするために、マイクロチップインプラントなどを介して、CBDCと人々の間の強固なリンクが提案されています。

►中央の計画担当者は、すべての人の活動とトランザクションに対する絶対的な洞察を取得し、トランザクションに介入またはシャットダウンするように制御します。

►これは全体主義のシナリオです。

►ほとんどの人に課されてきた市民の自由に対する前例のない制限2020年の世界の国々は、中央計画担当者によって計画された「ニューノーマル」を示しています。

6. 危機のない持続可能で安定した公平な非インフレ成長を確実にするために、代わりに何をすべきでしょうか?

・問題は「銀行対CB」ではなく、意思決定の集中化と分散化です。

►マネーサプライの配分は、中央の計画担当者が行うべきですか、それとも分散型の市場ベースの方法で組織化する必要がありますか?

►この質問に取り組むための科学的な方法は何ですか?

►経験的証拠=過去の実績を考慮する必要があります・一元化された意思決定に関する証拠(1)

►銀行の信用創造を廃止し、数量の決定を一元化し、中央計画者の1つのグループの手によるマネーサプライの割り当て:これは、半世紀にわたってソビエト連邦によって採用されたシステムです。

►それは失敗し、1980年代の終わりまでに崩壊しました。

►対照的に、中国は1982年に同じ通貨制度を改革し、導入しました数百の協同組合銀行を含む数千の商業銀行。

►中国は数十年にわたって二桁成長の「経済的奇跡」を繁栄させ、実現させました。それは世界最大の経済になりつつあります。

►「ウィンドウガイダンス」は、有害な銀行信用の創出(資産取引と消費のための銀行信用)を抑制し、生産的な信用を促進するために中国で使用されました

・一元化された意思決定に関する証拠(2)

7.何ができますか?

・分散型意思決定に関する証拠・中小企業(SME)の業績は、200年にわたるドイツの強力な経済業績の秘訣です。

►ドイツの人口は中国人のわずか6%ですが、ドイツの輸出は中国の輸出とほぼ同じです。

・回答:ドイツはコミュニティバンキングの世界チャンピオンです

•ドイツには、世界で最も多くの非営利/公的コミュニティバンクがあります(1,500)

•ドイツでは、預金の70%がコミュニティバンクにあり、中小企業の貸付の90%以上

•ドイツのコミュニティバンクは2008年の危機の影響を受けませんでした

・銀行セクターのどのような構造が、金融の安定と高い非インフレの公平な成長を達成しましたか?

・ブームバストサイクルを回避し、多くの中小企業に十分な資金を確保する銀行システムはどのように見えますか?ドイツの銀行の70%は「非営利」です

・システムはどのように改革されるべきですか?

►銀行の信用創造力を廃止し、中央銀行のみを使用してお金と信用を生み出すことは、すでにあまりにも集中化された意思決定構造をさらに集中化するでしょう

►より良い:銀行の行動を透明性、説明責任、持続可能にする-GDPに寄与しない取引(資産取引)に対する銀行信用の禁止-多くの小さなコミュニティバンクのネットワークを構築し、生産的な目的で貸し出し、すべての利益をコミュニティに還元します–銀行業務における真の選択を生み出します。

・行動に向けて:英国にコミュニティバンクを設立する

►目標:主に中小企業に生産的な目的で信用を創出する、公益志向の非営利の地元コミュニティバンクの導入

►ドイツの地方公共貯蓄銀行と地方協同組合銀行(Sparkasse、Volksbank)をモデルにしています・経済学の約束

https://youtu.be/KEfdlctvHH4

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。